お知らせ・キャンペーン

2018年11月14日

ご注意ください「偽造レシートによる返金要求について」

 弊社「レミットカード送金」サービスをご利用のお客様から、「ゆうちょATMから入金したが、送金されていない」との問合せがあり、「ご利用明細票」のコピーが送付されてきました。弊社からゆうちょATMを管轄するゆうちょ銀行、その他関連金融機関へ調査を依頼した結果、そのお客様から入金された記録はなく、ゆうちょATMのレシートは偽造されたものだと判明しました。日本において、こうした行為、またはこれに類似する行為は、「私文書偽造」、「詐欺」、「業務妨害」等の罪に問われる可能性がありますので、お客様におかれましては決してこのような行為には関わることのないようご注意ください。なお、SBIレミットいたしましては、このような行為が発覚した場合には、しかるべき法的措置を取らせていただきます。

 

Important Notice “About refund request by forged receipt”

 We received inquiriy from a customer using Remit Card remittance service that “He have deposited money from Japan Post ATM, but have not been remitted”, and a copy of deposit statement capture has been sent to us.
As a result of the Japan Post Bank investigation, which has the jurisdiction over Japan Post ATM from our company, and other related financial institutions, there was no record deposited from the customer, and it turned out that the Japan Post ATM receipt was forged. In Japan, such acts,or similar acts may be charged with crimes such as”private document alsification”,”fraud”,or”obstruction of business”.
Please be careful not to get involved in this kind of conduct. As for SBI Remit, when such act is discovered, we will take appropriate legal measures.

 

 

一覧ページに戻る