ご利用手順(法人のお客さま)

1 法人会員登録(無料)

確認事項を必ずご確認の上、法人のお客さまの会員登録(無料)よりお申込みください。

2 法人会員登録申込書、本人確認書類の郵送

会員登録申込で入力された内容をご確認のうえ印刷し、必要書類と一緒に以下送付先にご郵送ください。

必要書類

  • (1) 法人会員登録申込書
  • (2) 登記簿謄本・抄本または登記事項証明書(発行日から3ヶ月以内の原本)
  • (3) 取引の担当者(原則、代表者)の本人確認書類

本人確認書類は、以下のいずれかの書類をお送りください。

  • ・運転免許証(コピー)[表面と裏面両方必要です]
  • ・各種健康保険被保険者証(コピー)[表面と裏面両方必要です]
  • ・在留カード(コピー)[表面と裏面両方必要です]
  • ・外国人登録原票記載事項証明書、外国人登録原票(原本)
  • ・住民票記載事項証明書、住民票(原本)

郵送書類送付先

〒106-6013
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー13階
SBIレミット株式会社 宛
返送用封筒(切手不要)

3 審査・事務手続き

お申込みいただきました書類を受理いたしますと、通常、一週間ほどで当社所定の審査や事務手続きを行います。
審査や事務手続きにおいて、お電話やメールにてご質問やご連絡をさせていただく事がございます。
また、審査の結果によってはお申込みをお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

4 ウェルカムパッケージおよび書留郵便の送付

  • (1)会社宛に佐川急便にてウェルカムパッケージをお送りいたします。
  • (2)取引担当者さまのご自宅宛に、居住の確認のための書留郵便をお送りいたします。必ずお受け取りください。

※受取確認できない場合、会員登録が完了しませんのでご注意ください。

5 ウェブサイトにログイン

取引の担当者がウェルカムパッケージに入っている仮ログインパスワードを使用して会員サイトにログインしてください。
利用規約に同意すると会員登録が完了します。

6 送金依頼

会員サイトにログイン後、メニューの「海外へ送金」から送金依頼を行います(あらかじめ準備金口座へのご入金が必要です)。送金先情報を登録することでレミットカード送金、フリコミ送金がご利用可能です。

7 Reference Number(リファレンスナンバー)の発行

送金依頼を受け付けた後、Reference Number(リファレンスナンバー)の画面が表示されます。
Reference Number(リファレンスナンバー)はご登録されたメールアドレス、SMSにも送信されます。
レミットカード送金、フリコミ送金、コンビニ送金をご利用の方はメールをご確認ください。

Reference Number通知SMS(サンプル)

【SMS】
RN:12345678/AMOUNT:10.000.00PHP/NAME:firstnamexxxxx/RATE:0.511565PHP

【説明】
RN:Reference Number(リファレンスナンバー)
AMOUNT:受取金額
NAME:受取人の名(FIRST NAMEのみ)
RATE:換算レート

SMSが受信できない場合、以下のことが考えられます。
お持ちの携帯電話・スマートフォン等で、SMSの受信設定を「受信拒否」に設定している。
通信環境が悪いエリア内にいたり、通信モードを「機内モード」等に設定している。
「WiFi(無線LAN)」等を通じてデータ受信をしている。
SMSを受信する環境が整っていない。(サービス未契約やご利用の携帯電話(端末)がSMS対応していないなど)

8 受取

  • 現金受取

    受取人の方が、指定された国のマネーグラム社取扱店でReference Number(リファレンスナンバー)と身分証明書を提示することで、現金をお受取りいただけます。

  • 口座受取

    ご指定の銀行口座に着金していることをご確認ください。
    なお、着金に要する時間は送金先国や送金方法によって異なります。

取引にあたってのご注意

以下の内容につきましては、取引担当者さま名での表示となります。

  • ・会員情報
  • ・メール等のお宛名
  • ・送金依頼
  • ・受取人への通知

以下の内容につきましては、法人名義にてご対応願います。

  • ・インターネット送金用銀行口座への入金(お振込)
  • ・フリコミ送金用銀行口座への入金(お振込)
  • ・出金用銀行口座の登録
  • 会員登録は、SBIレミットとの取引の担当者名(原則、代表者)をお届けください。SBIレミットとの取引は担当者が行ってください。
  • 会員サイトに表示される会員名、メール等の宛名は法人名ではなく取引の担当者名となります。
  • 送金にあたっては、取引の担当者を会社の代理人として送金手続を行わせていただきますので、Reference Number(リファレンスナンバー)とあわせて、取引の担当者のお名前を受取人にご連絡ください。

    ※ 送金先が法人の場合でも、受取人名は取引の担当者等、個人名を指定してください。
  • 受取にあたっては、取引の担当者を会社の代理人として送金の受取手続きを行わせていただきます。先方には、取引の担当者を受取人としてお送りいただくようご連絡ください。
  • 「準備金口座」「フリコミ送金専用口座」への振込入金にあたっては、法人名義で振込依頼をしてください。
  • 出金用銀行口座は、法人名義の口座をご登録ください。受取手続きが完了しますと、出金手数料を差し引き後、ご登録の口座に振込をさせていただきます。
  • 月間の取扱いの限度額は、個人のお客さまと同様に以下の回数・金額になりますので、ご注意ください。

    • i. 送金依頼:
      1回で送金できる金額は、1万米ドル相当までを上限とします。ただし、100万円を超えることはありません。また、1ヶ月あたり送金できる金額は、原則として150万円まで、回数は20回までとなります。
    • ii. 受取依頼:
      原則として、1回で受け取れる金額は、1万米ドル相当までを上限とします。ただし、100万円を超えることはありません。また、1ヶ月あたり受け取れる金額、回数に制限はありません。ただし、お受取内容について確認させていただく場合がありますのでご了承ください。

商品代金のお支払い

A社は中小アパレル企業で、ベビー服の企画と販売を行っているが、自社工場が無いため、中国の工場にOEMを依頼している。 毎月自社の経理担当は、日本から直接、工場側に商品代金を送金している。

メリット
  • 商品代金が確認後の出荷になっているため、リアルタイム着金が可能で、出荷待ちの時間が短縮できます。
  • 経理担当が、送金のため銀行の窓口に行く必要がなくなります。
  • 土日・祝日でもオンラインで送金可能です。

サービス代金のお支払い

B社はオンライン外国語教室を経営していて、フィリピンやアメリカなどの海外現地にいる個人の先生への授業料を週払いで海外送金している。

メリット
  • 手数料が安く、少額の送金でもお気軽にご利用いただけます。
  • 銀行窓口に行く時間がない方も自宅で送金できます。

海外事務所賃料、現地従業員給料のお支払い

C社は、本社が日本にあり、中国には現地事務所を所有し、現地社員の給料を本社より直接支払うことになっているため、海外送金を利用している。

メリット
  • 日本円から人民元への送金が可能なため余計な為替手数料がかからずお得です。