お知らせ・キャンペーン

2020年02月27日

福島銀行がSBIレミットの国際送金サービスを取扱い開始

 総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社で、国際送金サービス事業を手がけるSBIレミット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安藤伸生、以下「当社」)は、株式会社福島銀行(本店:福島県福島市、取締役社長:加藤容啓、以下「福島銀行」)と、当社が提供する国際送金サービスの取扱い代理店業務に関する提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 

 

■本提携の背景と目的

 少子高齢化による生産年齢人口の減少や回復基調が続く経済情勢による人手不足などを背景に、外国人労働者数は年々増加しており、2019年6月末における在留外国人数は283万人(※1)にのぼり、そのうち外国人労働者は約166万人(※2)に達するなど、過去最高を更新しています。

 在留外国人及び外国人労働者は地方においても増加の一途をたどっており、東日本大震災の影響により深刻な人口減少に直面した東北地方などでも、労働力不足を補う担い手として外国人労働者に大きな期待が寄せられています。福島県内の外国人労働者数においても、2019年10月末時点で震災前(2010年10月末時点)のおよそ2.5倍(※3)まで増加しています。

 

当社は、在留外国人の方々に対して送金を中心とした金融サービスを提供することをミッションとし、米Ripple社の分散台帳技術を利用した送金など新しい金融テクノロジーを積極的に取り入れるなど、利便性の高い送金サービスを提供することで送金実績を伸ばしてまいりました。

 一方、福島銀行は福島県内を中心に48か店・5出張所の営業店舗を展開し、域内企業と強固なネットワークを有しています。域内企業においては、ベトナム、中国、フィリピンをはじめ様々な国からの技能実習生を主とする約1万人もの外国人労働者を抱えており、郷里送金のニーズが見込まれます。

 このような状況のもと、両社のもつネットワークやノウハウを相互に活用することで、顧客ニーズに応える付加価値の高いサービス提供が実現するとともに、当社は新たな販路開拓が可能となり、福島銀行は外国送金業務に係る事務処理の軽減が実現可能であるとの考えから、業務提携に至りました。

 当社は、今後もお客様のご要望を第一に考え、最新の金融テクノロジーを駆使して利便性が高く安全な送金サービスの開発を通じて、「新たな価値の提供」「顧客中心主義の実現」に努めてまいります。

 

<当社の概要>

会社名  : SBIレミット株式会社

所在地  : 東京都港区六本木一丁目6 番1 号 泉ガーデンタワー13 階

設立   : 2010年8月

代表者  : 代表取締役 安藤 伸生

資本金  : 5,000万円

事業内容 : 国際送金事業

URL   : https://www.remit.co.jp/

 

<福島銀行の概要>

会社名  : 株式会社福島銀行

所在地  : 福島県福島市万世町2番5号

設立   : 1922年11月

代表者  : 取締役社長 加藤 容啓

資本金  : 181億27百万円

事業内容 : 銀行業

URL   : https://www.fukushimabank.co.jp/

 

(※1) 法務省:令和元年6月末現在における在留外国人数について

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00083.html

(※2) 厚生労働省:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和元年10月末現在)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09109.html

(※3) 厚生労働省 福島労働局:福島県における「外国人雇用状況」の届出状況(令和元年10月末現在)

https://jsite.mhlw.go.jp/fukushima-roudoukyoku/newpage_00282.html

 

*******************************************

本プレスリリースに関するお問い合わせ先:

SBIレミット株式会社 カスタマーセンター

03-5652-6759     https://www.remit.co.jp/

受付時間:平日9:00 – 18:00  土日祝 10:00 – 18:00

(年末年始・当社指定休日を除く)

一覧ページに戻る